亜里沙の世評

alisaloveの日記

団結を訴えるポスターがあちこちに張られた

何かおかしい。
サウジの首都リヤドの空港は異様な雰囲気だった。
閣僚に代わり、警察が飛行機を取り囲んでいた。
携帯電話も取り上げられた。
サウジの王宮への招待が伝えられたのは4日早朝。
早朝に皇太子が面談するのは異例だ。
そして同日午後、ハリリは命の危険が迫っているため、首相を辞任すると唐突に発表した。
10月下旬、ハリリはサ ウジの怒りを招く行動を取った。
サウジが敵視するイランの最高指導者ハメネイ師の顧問をベイルートで迎えたのだ。
イランが支援するイスラムシーア派組織ヒズボラに譲歩する姿勢を示していたこともあり、サウジがハリリに辞任を迫ったとの観測が広がる。
サウジとイランがレバノンを舞台に戦争をするかもしれないとベイルートの建設業者ムハンマドは不安な胸の内を語る。
1990年まで15年続いた内戦は、周辺国や大国の思惑に翻弄され、あらゆる民族・宗派が入り乱れて戦った。
ベイルートでは今も当時の弾痕が残された建物を多くみることができる。
その記憶は深い傷として人々の心にも刻まれている。
ハリリの辞任表明後、ベイルートには団結を訴えるポスターがあちこちに張られた 。
スンニ派のハリリ支持者だけでなく、シーア派キリスト教徒が住む地区も同じだ。
真相究明を求めて、レバノンの国民は団結していると元駐米大使のリアド・タッバーラ。
サウジで働くレバノン人は40万人にも上る。
対立を避けるためサウジを表だって批判する声は少ない。
しかし、レバノン人の内奥には、地域の秩序をかき乱すサウジへの不満がくすぶっている。
じゃあ、気になるキーワード「クラークスのデザートブーツ」の掲示です。
クラークスデザートブーツ
バーゲンの時期やアウトレットなどを利用すれば定価の2割引きから半額くらいまで割引を受けることもできそうで、かなりお得に素敵なデザートブーツが手に入りそうでした。
値引きされている商品は、サイズが限られていたり、色が1つしかないなど制限もありますが、もし自分に合うものがあればとても便利です。
でも、やっぱり注意しないといけないのが“偽物”や、特に“古い在庫”。